無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
秋保温泉「スズメのお宿」の長生き(?)ソバ
秋保温泉の中心部から車で秋保大滝に向かって進むと「二口そば街道」と呼ばれる地区があり、お蕎麦屋さんが道の両側にポツリポツリと並んでいます。その中の一軒、「スズメのお宿」というそば処へ行ってみました。

店に入るとなぜか「お帰りなさい!」とご主人に迎えられ、すぐ目の前の囲炉裏に座るよう指示されます。お国ことばがあったかいご主人からお茶をいただきながら、おすすめメニューの説明を受け、「あーでもない、こーでもない」と迷いながら注文をしたらはじめて席に案内されます。

私たち夫婦は「一度食べると10年長生きする」とご主人が断言する「そばねっけ」という蕎麦がきと、「伊達政宗の奥さんの『めご姫』の紋が入った食器でお出しします」という「めごひめそば」を頼んでみました。

店内には古道具や家具、人形、それに伊達家当主の書、ご主人が受けた表彰状などが飾られていて、ちょっとした「民芸館」のようでした。ただし、いかにも古い造りの民家なので冬は寒そうです。私たちが訪れた4月上旬でも室内は若干ひんやりしていました。

「めご姫そば」は、こしがしっかりあってのど越しもよいです。塗りが美しい食器はご主人ご自慢の品だそうです。
秋保温泉 すずめのお宿

対する「そばねっけ」。こちらはゴマだれや普通のしょうゆベースのたれなど、数種類のタレをつけて味の変化を楽しみます。ご主人曰く、そばねっけにゴマだれを組み合わせれば健康によいのでさらに長生きしちゃうそうです。食感はちょっとネトっと、どっしりしていて「食べた!」感があります。ですが、量が多いのか、食べても食べてもなかなか減らないので、正直、お蕎麦の方が食べやすくて素直に美味しいです。
秋保温泉 すずめのお宿

店内の洗面所に入ると、壁じゅうに「人生訓」が貼られていました。具体的な内容は忘れましたが基本的には「よい人間たれ」みたいなことがたくさん書かれていて、「そーか、こういうこと考えながらここのご主人は仕事をしているのか」と、ご主人を見て納得しました。

「おいしいお食事」X「お国のあったかい人とのふれあい」の両方が楽しめるお店でした。

スズメのお宿
仙台市太白区秋保町馬場字新田町89-4
11:00〜16:00
火曜定休
| coco-agua | 和食 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「広浦」の魚定食
本日、木町通の「広浦」というお店でランチをしました。
木町通りの広浦

今朝の大きな揺れの後だったので、そもそも巷のお店は営業しているのだろうか?と
思って訪れたところ、特に何の変わりもなく平穏な日常が流れていました。
店内には神棚や、いろんなグラスやお酒のボトルが並べられていましたが、
見たところそれらが落ちることもなかったようです。
広浦の入り口にたたずむタヌキ

私が頂いたのは「広浦定食」という日替わり定食で600円(安い!)
本日の焼き魚は「めぬき」という魚の味噌漬け焼きでした。
聞いたことがない魚でしたが、白身で分厚い身にちょっと甘辛い
味噌の味がほんのりしみていて御飯が進みます。
広浦定食 めぬきの味噌漬け

夫が頼んだのは「刺身定食」750円。赤身やイカがおいしそうでした。
関東に住んでいる頃はマグロの赤身をおいしい、と感じたことは
無かったのですが、こちらへ引っ越してきてから赤身がおいしいのに
驚いています。
広浦の刺身定食

こちらのお店は隣にある「鈴木水産」というお魚屋さんと経営が
同じそうです。こちらのお魚屋さんの刺身や切り身も安くておいしいです。

割烹の味 広浦
〒980-0801 仙台市青葉区木町通1-2-23
| coco-agua | 和食 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
文化横丁のおいしい和定食
文化横丁の「咲く楽」

今日は仙台・文化横丁にある「咲く楽」というお店へふらりと入ってみました。
いただいたのは「焼き魚定食」。700円というお得な価格設定ながら、
お盆の上にどんどんお皿が並びます。

その内訳は、、、
●焼き魚一切れ(この日は鮭か秋刀魚のいずれかを選べました)
●小鉢が3つ(冷奴、きんぴらごぼう、メカブとイカの和えたもの)
●お刺身(赤身にエビ)
●湯気があがったあったか白米
●えびの頭が入った味わい深いお味噌汁
●フルーツ(オレンジ)

焼き魚は焼きたてで身が柔らかくほぐれ、刺身も新鮮、
きんぴらも味付けがちょうどよく、そして一番印象的だったのは
エビの頭が入ったお味噌汁でした。いいお出汁が出ていて
味わい深く、まろやかでした。

夜は「スナック」として営業しているようですが、ジャズが流れ、
清潔感のある店内はカウンターが中心なのでひとりでも、また女性でも入りやすいです。

それにしてもおいしかったおてんき

帰り道、一番町の商店街に準備された山車を見ました。
あしたは「青葉まつり」です。
仙台青葉

酒庵 咲く楽
仙台市青葉区一番町2-3-38YS横ビル1F

ラブポイント
●おいしいお味噌汁
●700円でフルーツ付き!

JUGEMテーマ:今日の昼ご飯


| coco-agua | 和食 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
白石うーめんを老舗割烹で
GW中、白石市の芝桜を見に行くついでに、「大上」という創業1867年の
老舗割烹店へ立ち寄り「うーめん」を食べてみました。

店構えからしていかにも老舗、といったこちら。中に入ると
お座敷席が数席にカウンターが6席ほどでこじんまりとしています。

お店の人曰く、「温麺」と書いて「うーめん」と呼ぶこの麺は
油を使わず、くず粉で麺と麺がくっつかないようにしているそう。
そもそもはとある一人の息子が、胃腸が弱い父親を思いやって
消化に悪い油を使わずに麺を作ろう、と開発したものが
このうーめんだそう。その話を聞いて「温かい話だ」と
感心したお殿様が「温麺」と書くように達したという逸話が
あるそうです。

私たちは天麩羅うーめんセットを頼みました。山菜、魚、
海老のてんぷらに、山菜の胡麻和え、ごま豆腐などがつく
セットです。
白石 大上のうーめん

ここでの驚きポイント

1.今まで食べていた山菜は何?と思うほどの美味しさ
特に「たらの芽」がこんなにホクホクしたものだとは
今回初めて体験しました。

2.魚も甘くておいしい(何の魚か忘れてしまいましたが
白身で甘みが凝縮されておいしかった)

3.山菜の苦味、胡麻和えの甘み、おひたしのしょっぱみなど、
味の変化が楽しめる

白石 大上のうーめん
そしてメインのうーめんは、やわらかく、あったかくて
するするっと喉に通って行きました。おつゆもしょっぱすぎず、
薄すぎずちょうど良い味付けだったのでごくごく飲んでしまいました。

もうちょっとウチから近ければ何度でも通いたくなるお店でした。

番外:お手洗いの表示がなぜか「社長室」となっているのが
お茶目です

割烹 大上
宮城県白石市城北町2-7
http://www.shiroishicci.or.jp/daijyou/

JUGEMテーマ:グルメ


| coco-agua | 和食 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「東日流 旬彩しみず」で酒と肴をおいしく
GW前の仕事帰りに「東日流 旬彩しみず」という日本料理屋さんへ
行きました。

広瀬通を北に少し入った静かな通りにひっそりと佇んでいて、
中に入ると畳敷きのカウンター、その奥には椅子席がいくつか
ありました。オープンしてまだ1年ほどということで、内装は
まだ新しく、和モダンな感じできれいです。

私たちは4000円のコースを頼みました。「何か苦手なものはありますか?」と
聞いてくれる気配りがうれしいです。
ホタルイカの前菜に、お刺身、飛竜頭、銀ダラの西京焼きなど、上品な
お味の品々が出てきました。お皿や盛り付けもきれいで目でも楽しめます。
日本酒も種類豊富で、私はこちらでいただいた於茂多加(おもたか)と
いう塩釜のお酒がおいしくてファンになりました。

大人同士でゆっくりくつろぎながら、おいしいお酒とお料理を楽しむのには
最高のお店でした。

東日流 旬彩しみず
仙台市青葉区立町4番8号
022-263-0750
17:00-23:00
日曜定休

ラブポイント
●お料理がどれもおいしい!
●コースが3000円からとお手頃
●日本酒の種類が豊富
●お店が新しくてきれい
●靴を脱いで椅子でくつろげる

JUGEMテーマ:グルメ
| coco-agua | 和食 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |