無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
仙台大観音とトンボ玉作りツアー
先週末、カナダ人とブラジル人の友人と一緒に「仙台大観音&ガラス玉作り体験ツアー」を敢行してきました。「仙台初心者」同士の「仙台巡り」です。

「仙台大観音」とは、仙台市中心部から北の方の住宅街の中に突如現れる高さ100メートルの白い観音像のこと。青葉城趾からもその姿を臨むことができるというかなり目立つ存在であるにも関わらず、仙台市内の観光案内にもガイドブックにも出ることが無いという謎の存在です。でも、1度は見に行ってみたいと思っていました。

そして今回、カナダ人の友人の「あの観音像、気になってるから行こう!」との提案で、仙台駅からバスで30分近く揺られて行ってみることに。

バスを降りると、いきなり巨大な存在感を示す観音像が視界に飛び込んできました。ショッピングセンターやホテルに囲まれ、なかなかシュールな眺めです。なんでもこの大観音、高さは100メートルで国内の観音像の中では一番の高さだそうです。
仙台大観音

500円を支払い、エレベータで一気に12階の観音様の胸の部分へ。その高さは60数メートル。観音様の身体に所々開けられている「窓」からの眺めがなかなかよいです。
仙台大観音からの眺め

12階からは階段で1階まで下ります。「108体の仏の像」を拝みながら下る、という仕組みでした。仏像が一体ごとにライトアップされていて、まるで宙に浮いているように見えます。その眺めもこれまた結構シュール。
仙台大観音
友人に「これは○○観音で、□□という御利益があると言われている」と、いちいち翻訳していて気づいたのですが、こちらにある「仏様」、その殆どが現世利益を謳っているのです。商売繁盛、健康、ビジネスでの成功等々...。かなり現実的です。

最後に「登竜門」を言われる金ピカの門をくぐり、観音様の足の部分をおがんで、バスで仙台市中心部へ戻りました。
仙台大観音

次なる目的は「トンボ玉作り」。これも友人の発案です。
一番町の「ガラス工房 初月」にて、トンボ玉作りの体験です。

好きな色のガラス棒を選んで、バーナーで溶かして、丸く整える、という工程を初体験しました。

バーナーの火が激しく音を立てるのでちょっとばかり恐怖心を覚えましたが、赤い透明のガラスがオレンジに燃えて、飴のように溶けて、とろーりと伸びる様子が美味しそうで、さらに溶けたガラスが形を徐々に変え、最後には丸く固まる姿を見るのは面白くてクセになりそうでした。
トンボ玉 体験教室

手先が不器用な私が自らは申し込まないタイプのアクティビティでしたが、実際にやってみたら面白くて新たな発見でした。

出来た作品は何に使うわけでも無いけれど、しばらく大事に飾っておきたいと思います。
トンボ玉

大観音、トンボ玉、この日の体験はどちらも人に誘われて行ったもの。自分だけで新たなモノを探しに行くのも面白いけれど、人と一緒だと「その人の視点」から更に新たな発見があるから楽しいです。
| coco-agua | 仙台からの小旅行 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

<< 2008 SENDAI光のページェント | 一昨日の定禅寺通りのクリスマスイルミネーション >>
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2008/12/18 9:19 PM posted by: clover
こんばんは!
仙台大観音にいらしたんですね。
じつは私はこの観音様のすぐ近くに住んでいるので、つい「いらっしゃいませ〜」と言いたくなってしまいました^^
まだ上に上ったことがないのですが、あの巨大な観音様からの眺めはいいでしょうね〜。
「108体の仏の像」を拝みながら下る、という仕組みもおもしろいですね。
今度上ってみます。

手作りのトンボ玉、キレイですね。
アクセサリーにしてもかわいいかも♪

自分の視点と違ったお友達がいると、世界が広がって楽しいですね。
2008/12/19 12:26 PM posted by: coco-agua
cloverさん、こんにちは。
仙台大観音のお近くにお住まいなんですね!静かで環境が良さそうなエリアですよね☆

地元の方でもなかなか行く機会は無いと聞きますが、あの観音様、高さがあるので眺めを見るだけでもなかなか面白いですよ。小さな窓が所々についているので仙台を囲む東西南北の眺めをほぼ全て制覇することが出来ます。

トンボ玉体験もお勧めですよ〜。私はあと二つくらいつくってチョーカーとかを作ってみたくなりました。自分で作ると、ちょっとくら形がゆがんでいても、愛着がわくものですね☆
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sendai-coco.jugem.jp/trackback/95