無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
錦秋の山寺
11月上旬に、東京から遊びに来た大学時代の友人と山寺を訪れました。
目的は「眺め」と「紅葉」です。

山寺(宝珠山立石寺)は宮城県のお隣の山形県に位置し、仙台からは東北道、山形道を経由して車で1時間ほど。日帰りで十分行ける範囲なので、友人や家族が来仙した際に松島以外で「観光地」として案内するのによい場所だと思っています。

山寺はまた、松尾芭蕉が「閑けさや 岩にしみいる 蝉の声」を詠んだ地としても有名なところ。

山形道の紅葉
今回の小旅行で驚いたのは山形道の風景が紅葉の連続だったこと。
道路の両脇に見える山、全てが赤や黄色に染まり、どこまでも見渡しても山全体が紅葉、紅葉、紅葉でまさに「錦秋」という言葉がぴったり。こんなに紅葉が連続する景色を見たのは初めてで、その前週に行った鳴子峡よりも感動してしまいました! しかもさらにその2週間ほど前にこの山形道を通ったときにはこんなに染まっていなかったので、たった数週間で眺めが様変わりするのにも驚きました。

山寺に到着すると、仙台より随分と寒く感じました。緯度はそんなに変わらないはずなのに随分と気候が異なるようです。

門前のお店で名物の「玉こんにゃく」という、お団子状のこんにゃくを串に刺して煮込んだものをいただいてから、山寺の入り口へ。

山寺(立石寺)の入り口
ここから1015段の階段を上って頂上を目指します。その階段は、一段上るごとに煩悩がひとつ消える、といわれています。
山寺 立石寺の紅葉
ちなみに私は仙台へ引っ越してきてからすでに3度も山寺を登っていますが、いまだに煩悩は消えず…。
山寺 立石寺
山寺の敷地内には、階段を上るごとにいくつもの小さなお寺や、お寺に付随した民家があり、なんと郵便ポストまであります。とういことは、ここの配達担当の郵便屋さんはあの階段を上り下りしてやってくるということでしょうか?かなりの健脚でないと勤まらない仕事です。
↓ 夏に撮った山寺の郵便ポスト
山寺の郵便ポスト

いくつかのお寺を経由して、
山寺 立石寺の紅葉と階段
最後に上る頂上の見晴台からの眺めは圧巻でした。
周りの山々が紅葉に染まっていました。
山寺 立石寺の紅葉

帰りに「山寺風雅の国」というおみやげ物屋さんやレストラン、美術館、芭蕉記念館が集まったエリアへ行き、「円仁さん」という山寺名物のお菓子を買いました。ちなみに円仁とは山寺を開基した僧の名前で、お菓子の「円仁さん」は上品な甘さの餡子を緑のよもぎ餅と、しん粉餅で来るんだお団子です。表面のつるりとした食感に、モチモチのやわらかさと、適度な歯ごたえが共存していて、すごくやさしい味。保存料などを使わず日持はわずか二日間。すぐに食べないと味が落ちてしまう、というのも魅力に感じます。
山寺 円仁さん

「山寺風雅の国」からは山寺の全体像が見ることができるのもポイント。ここから見ると険しい崖に張り付くようにお寺が建てられているのが分かります。
山寺立石寺を風雅の国から眺める

「山寺風雅の国」で眺めを堪能したのち、仙台へ戻り、東京へと戻る友人を見送りました。こうしてゆっくり紅葉を楽しんでからも東京へ戻れるって、新幹線だと仙台→東京ってほんとに近いのだなぁ、としみじみ思い、私もちょっぴり東京に帰りたくなりました。
山寺 風雅の国からの眺め
| coco-agua | 仙台からの小旅行 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

<< 登米「みやぎの明治村」 時空を超える旅 | ガス局で習った「おせち料理」 >>
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2008/12/13 10:48 AM posted by: clover
素晴らしい紅葉ですね!
思わずため息が出ました。
まさに「錦」ですね。私もこんな景色を目の前にしたら感動すると思います。
「玉こんにゃく」、私は蔵王のお釜で食べたのですが、寒いところで食べるとよけいにおいしく感じませんか?
「円仁さん」もいかにも柔らかそうでおいしそうです。
山寺、私はまだ行ったことがないのですが、
今度のんびり仙山線に乗って行ってみようと思いました。
そして、東京からのお友達を見送るとちょっぴり帰りたくなってしまう気持ち、わかります。私も先日、同じように感じましたから。
これからの山寺はきっと水墨画のような雪景色で、それもまた素敵でしょうね。
2008/12/13 12:17 PM posted by: coco-agua
cloverさん、こんにちは。
そうですよね。おしょうゆの味が濃くしみこんで中までしっかり温まった「玉こんにゃく」、白い息を吐きながら、寒い中で食べると余計に美味しく感じますね。

山寺、おすすめですよ。盛夏、晩夏、晩秋に行きましたが、どの季節にもそれぞれのよさがありました。電車の旅もきっと素敵ですね。

仙台生活を楽しんでいるつもりでも、友人や家族が東京に戻るのを見ると、ちょっぴり戻りたくなってしまうものですよね。たまに東京に戻ると、それまではむしろ避けていた渋谷の雑踏が、なぜだか無性に愛しく感じます。空気の躍動感とか、色彩感とかがやっぱり違うなぁ、と帰郷するたびに思います。そういうのが郷愁というものなのかな、と最近気づきました。cloverさんもやはりそうでしょうか?
2008/12/13 2:35 PM posted by: clover
わかりますよ〜。
私も先日東京に行ったときに、昔はうんざりしていた雑踏の中に身をおいて、なんだかホッとしてしまいました。
仰るとおり、躍動感やスピード感が違いますよね。あぁ、帰ってきた!と思いました。
まさに郷愁なのだと思います。
お互いに仙台に来てまだ数ヶ月。
そんな想いを持ちつつ、東京と仙台の違いをもっともっと楽しんでいきたいですね。
2008/12/14 10:13 AM posted by: coco-agua
cloverさんも、そうなんですね〜。
どんな環境であれ、やはり慣れ親しんだ環境が一番ホッとするものなんですよね。
お互い仙台生活も楽しんでいきましょうね。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sendai-coco.jugem.jp/trackback/90