無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
多賀城 あやめ祭りと奈良・平安時代の政庁跡
先週、梅雨の晴れ間を利用して、「多賀城あやめ祭り」へ行ってきました。
仙台駅からは東北本線で15分ほどの「国府多賀城」が最寄り駅です。

東北本線の電車に乗り込むと、この写真の通り、ボックス型の座席配置になっていました。
東北本線の車内
横並びのベンチ型のものより、「旅気分」が味わえて、15分ちょっとの短距離の
移動なのに、出発前からワクワクしてきました。

仙台駅から5分も走れば、車窓からは田園風景が広がります。
車窓風景 仙台〜多賀城
国府多賀城駅へ到着。
多賀城駅
田園地帯にぽつりとある駅で、周囲にはコンビニも、スーパーもありません。
「駅前=繁華街」という環境で育ってきた私には、「駅前=何もない」という図式は
新鮮です。
多賀城駅 外観
あやめ祭りまでの会場への道すがら、多賀城オリジナルのマンホールを見つけました。
多賀城のマンホール
「日本三古碑」の一つである「壺の碑」や、さくらの花がデザインされた華やかさ。
なのにその用途は「おすい」という、なんともミスマッチなマンホールです。

会場へ着くと、まず目に飛び込んできたのが「あやめ」ならぬ「アジサイ」でした。
あやめ祭りでアジサイを
晴れの日に見るアジサイは、ちょっぴり乾いた感じで雰囲気が出ませんが、
かわいく咲いていました。
多賀城 あやめ祭り
あやめも会場中に、広がっていました。
あやめ祭り
紫、ピンク、赤系統のグラデーションに、ところどころ入る白がまぶしいです。
あやめ祭り
「あやめ祭り」の会場を離れ、隣接した「多賀城政庁跡」へ行ってみました。
多賀城史跡
コスモスの先に広がるのが、かつての政庁跡への石段です。
石段を登り、小高い丘の頂上にたどり着くと、政庁跡を再現した模型が
置かれていました。
多賀城史跡 復元模型
「あやめ祭り」期間中はボランティアガイドの方が待機していて、私が模型を見ていると、
「国府 多賀城」についていろいろと説明してくださいました。

ガイドさん曰く、今からおよそ1300年前、東の要としてこの多賀城の地に
国府がおかれ、奈良の都から役人が派遣されて政治がおこなわれていたそう。
その後、約200年の間、ここが東北地方の政治の中心地だったとのこと。

ここは、都から派遣された高級官僚しか足を運べない特別な場所だったそうで、
歌人として知られる大伴家持も役人として、ここ多賀城に赴任していたそう。
なので、ガイドさんに「あの石畳を通るときは、大伴家持のような役人に
なった気分でぜひ歩いてください」と言われました。
多賀城史跡への道
「『大伴家持』気分」で石畳を降り、「壺の碑(つぼいのいしぶみ)」を見て、
多賀城を後にしました。
多賀城 壺の碑
ガイドさんとの触れ合いが楽しく、思いのほか古い歴史に触れられ、新鮮な気分を
味わえた小旅行になりました。
多賀城 東北歴史博物館
次回は駅前にある「東北歴史博物館」へ行ってみたいです。
| coco-agua | イベント | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |

<< ワンコインのシアワセ 文横でマクロビランチ | 仙台の空 >>
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/07/09 10:01 AM posted by: clover
見事なあやめですね!まぶしいくらいです☆
アジサイ、ひとつのお花が2色になってるのかな?とてもキレイですね。

多賀城政庁跡の石畳もいい感じです。
ガイドさんとのふれあいもちょっとした旅気分ですね。説明付きだと、もっと興味を持って見ることができますもんね。

お写真を見ていて、広大だなぁと感じました。お天気が良くてよかったですね☆
2009/07/09 11:33 AM posted by: coco-agua
>cloverさん
そうなんです。こちら、2色のアジサイなのです。

資福寺のアジサイもきれいでしたが、こちらのアジサイも、ほわっと華やかできれいでしたよ〜。個人的にはあやめよりもアジサイに目が向いてしまいました。

多賀城の政庁跡は、何もないところなので、何も知らずに行ったら「景色がきれい」位で終わりそうですが、ガイドのおじさまのお話があったので、より楽しめました☆ やはり「旅」は人との出会いが大事だわ、って実感です。

それにしても仙台近郊に奈良時代からの政治の中心地があったなんて、関東に暮らしていたころは知らなかったので興味深かったです。
2009/07/09 8:25 PM posted by: unigiri
東北歴史博物館のなかの
昭和の一角が好きです。
世代がツボなせいかもしれませんが、
あやめより、あじさいより
1300年前より
40年前の風景が妙に心苦しいほど
ぼくを、呼び戻そうとします。
ふるさとの東京から離れて、15年…。
2009/07/09 10:46 PM posted by: coco-agua
>unigiriさん
東北歴史博物館内に昭和の一角があるのですね。

自分の過去とリンクする空間、モノ、事象に出会うと、独特の感情が湧き出て来るものですよね。

unigiriさんも、東京を離れて15年ですか・・・。すっかり「こちらの人」として生きてらっしゃるように見えますが、やはり、ふるさとはいつでも懐かしいものですよね。




2009/07/10 10:41 AM posted by: ぬえ
はじめまして。
資福寺を検索したところ、お邪魔させていただきます。
私はずっと仙台におりますが、ものすごく色んなところに行かれてて・・・
すごいですね。勉強になります。
これからも参考にさせていただきます。

さっそく今週にでも、資福寺、行ってきたいと思います!!

これからも色々と勉強させて頂きますね。。
楽しみにしてます!!



2009/07/10 5:18 PM posted by: coco-agua
>ぬえさん
はじめまして。
コメントをありがとうございます。

資福寺は市街地からすぐなのに、静かで、別世界、といった感じでよかったですよ。アジサイきれいだとよいですね♪

またこちらにも遊びにいらしてくださいね。
2009/07/12 7:20 PM posted by: hime♪
多賀城あやめ祭り。。。

私も気になってました!!!でも、中々時間がとれず行かれずじまいでしたがッ。
写真とてもいい感じですね!!!
こないだアップされてたあじさいの写真もスゴイ風情あるなぁ〜って思ってました。

そうそう。BOX車両は、旅気分を味わえますよね。空いてると、占領できていいのですが、混んでくると少し窮屈に感じてしまいます(^^;)
2009/07/13 3:22 PM posted by: coco-agua
>hime♪さん
あやめ祭り、周辺の遺跡と合わせるとちょっとした旅気分が味わえて良かったですよ☆

ボックス車両は、確かに空いてると楽しいですけれど混んでいると窮屈ですよね。窓際だと降りる時に大変ですしね。混雑ボックス車両というと、学生時代に時々利用した東海道線を思い出します。
2009/07/20 6:19 PM posted by: ぽーく@北九州
お久しぶりで〜す!忙しさにかまけてご無沙汰してました(> <)

本当にきれいなあやめですね☆絵の具で塗ったみたいに鮮やかでびっくりしますね!!

cocoさんの写真を見てると、東北の空の薄い青や緑のくっきりとした感じが本当に懐かしくてたまりません。住んでる頃あまり出歩かなかったのが勿体無く感じてます(^ ^;)

これからも素敵な写真期待してます♪
2009/07/21 5:50 AM posted by: coco-agua
ぽーくさん、おひさしぶりです。お元気でしたか?

東北の空や緑の色、確かに独特でどこかはかなげできれいですよね!

九州は梅雨も明けて、きっとギラギラした眩しい青空が広がっているのだろうなぁ〜、と想像してます。入道雲がもくもくしていそう!

東北が懐かしくなったらまたいつでも遊びにいらしてくださいね☆
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sendai-coco.jugem.jp/trackback/198