無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
宮城県産そら豆のスープ カプチーノ仕立て そら豆のパイと共に
青葉区内のホテルで開かれた「宮城の食材を生かす」、がテーマの「ランチ賞味会」へ
行ってきました。参加は今回で2回目です。前回の様子はこちら

この日のテーマは「宮城県産そら豆のスープとパイ "Supe de Heve en Capuccino avec Feuilletee"」です。
宮城のそら豆
まずはテーマの食材の紹介、そして実演です。
そら豆は宮城県産の「打越一寸(うちこしいっすん)」という品種。
中身がちょっぴり小粒でかわいいそら豆です。7月下旬までが旬とのこと。

このそら豆を、それぞれスープとパイに仕立てていきます。

スープのポイントはきちんと濾すこと、味をしっかり決めること。
家庭だと、濾すという作業の手間を省いてしまいがちですが、
濾すことによって滑らかなお味になるという訳です。

以前、和食を教えていただいていた割烹料理店の親方も、
いろんなシーンで濾し器を使っていたので、プロは濾す手間を
惜しまないものなのかも知れません。

そして味付けは、しっかり。その理由は、「カプチーノ仕立て」にする際に
泡立ったミルクを入れるのですが、味付けがしっかりしていないと、
この泡を入れる過程で味がぼけてしまうからだそう。

お料理の過程には、それぞれ理由とそれに見合う結果があって、面白いです。

実演のあとはランチのコースをいただきます。
前菜、スープ、メイン、デザート、それにパンとワインがついて、結構
しっかりとしたお食事になります。
3種の前菜
前菜は3種。ベーコンのブランマンジェ、サーモンのマリネ、鶏レバーのピンチョス風です。
ベーコンのブランマンジェが、私にとってこの日のベストでした。ベーコンのスモーク風味が
ふわっとして、絶品でした。
そら豆のスープ
そして先ほど実演されたスープとパイ。
なるほど、味がしっかりとして、クリーミーでした。
スープの材料はそら豆にグリーンピース、ネギ類、セロリ、
ベーコン、牛乳、生クリームと、そろえやすいものばかりなので、
このスープなら、家でも作ってみたくなります。
鶏もも肉のロティ
メインは骨付き鶏もも肉のロティ シードルマスタード風味ソース・デュクセルです。
お肉の塊を日頃食べない私には、かなりのボリュームでした。
でも、皮がカリっと焼けていて、ソースのマスタードとマッシュルームやトマトの風味も
爽やかで美味しくいただきました。

このお料理に合わせたワインは、山形の「タケダワイナリー」のりんごのシードル。
アルコールはちょっと苦手な私はほんの一口だけ。でも周りの皆さんはガブガブ
飲んでいたので、きっと美味しかったのでしょう。
マカロンのアイス、旬のフルーツ
そしてデザートはマカロン&アイスクリームに旬のフルーツ。

ここまで来ると、かなり満腹になりました。やはり、メインがお肉だと、普段あまり
肉を食べない私にはちょっぴり重く感じました。

この日、ご一緒したテーブルの参加者は、皆さん60代〜70代の女性。
いわゆる「アクティブ・シニア層」でした。

自分の母親よりも年上の方々に最初はちょっぴり圧倒されましたが、いろいろ
お話を聞くうちに、女性っていくつになっても好奇心旺盛で、おいしいものや楽しいことが
好きなんだな、と感じました。

前職で、アクティブ・シニア層についてちょっぴり調べる機会があったのですが、
こうして仕事を離れて普通に出歩くようになってからの方が、彼らの実像に近づけています。

「お若い方だったら家でこういうお料理作れていいわよね。私たちはもう、
こういうのは食べに行くだけでいいの」とか、

「昔は、こういうお料理を作りたくても材料が売ってなかったのよ。」とか

「今は何でもスーパーで手に入るからいいわね」とか

「昔はコショウの種類もなかったのよ。黒コショウとかもね」などと、

みなさん口々におっしゃっていて、「仙台ってものが揃わない」と思っていた
私ですが、昔に比べれば揃うようになったんだなぁ、と教えられました。

シニア層女性たちとのおしゃべりも面白く、お料理も楽しめた午後でした。 
| coco-agua | イベント | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

<< 仙台も、暑い! 夏の養生メニュー | 仙台のアジサイ寺 資福寺へ >>
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/06/30 6:15 PM posted by: clover
前回といい、どれも手が込んでいておいしそうですよね!マカロンもおいしそう♪
盛り付けも美しいし、見ているだけでおなかが鳴ってしまいます。
ランチにこれだけのボリュームだったら夕食はいらないかもしれませんね〜。
2009/06/30 6:30 PM posted by: coco-agua
>cloverさん
そうなんです。盛り付けも、味付けも、どれも楽しめましたよ〜。各お料理ごとに、シェフがテーブルを周って来るので、そのたびに一応作り方を聞くのですけれど、結局自分ではなかなか作れないですね・・・。でも色んな考え方の勉強になって面白いです。

ただこれだけ食べると、かなり満腹になって、夕飯を作る気が失せました・・・。お料理を学びに行っているのにちょっと矛盾してますね・・・。
2009/07/23 1:36 PM posted by: 豆蔵
いつも楽しく拝見させていただいています。
賞味会に参加したいと思いつつ、1人での参加というこもあり、なかなか実現できていません。
いつもお1人で参加されていますか?
もしそうであれば、会場の雰囲気をちょこっとおしえてくださいませんか。

2009/07/24 12:17 PM posted by: coco-agua
>豆蔵さん
はじめまして!
こっちの会場、シニアマダムの社交場という感じで、最初はちょっと圧倒されますが、皆さん気さくなので、特に人見知りでとかでなければ一人で出席しても楽しめますよ。シェフやソムリエ、パティシエの皆さんも気さくでお話ししやすいですしね。

ちなみに8人掛け位の丸テーブルについて、シェフのデモンストレーションを見て、次にコースでお食事をするというスタイルです。お料理が見た目にも美しく、美味しいので、初対面でも意外と話がはずむものですよ〜。参加費もリーズナブルですし、おすすめです。
2009/07/28 10:20 PM posted by: 豆蔵
お返事ありがとうございます。
お礼が遅くなってしまいました。

雰囲気、伝わってきました。
なかなか楽しそうなので、参加してみようかと思います。

頑張って、マダム力を身につけなくては〜

 

2009/07/29 7:34 AM posted by: coco-agua
>豆蔵さん

こんにちは。マダム力(?)は無くても大丈夫ですよ〜。私もマダムじゃないですし。

来月にもあるみたいですし、楽しんでらしてくださいね♪
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sendai-coco.jugem.jp/trackback/194