無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
みかんのさっぱりサブレ
仙台市北部の紫山に本店がある「Caslon(キャスロン)」は天然酵母、
天然素材のパン屋さん。
本店に行ったことはありませんが、「藤崎」の地下でパンやクッキーが
販売されているのでときどき、買っています。

その中で、気に入っているのが「オレンジのサブレ」。
発酵無塩バターとてんさい糖を使っていて、やさしい甘さが好みです。

そのサブレを参考に、ウチにある材料でサブレを作ってみました。

発酵無塩バターは仙台ではなかなか手軽に入手できないので、
代わりに普通の無塩バターを使い、オレンジピールもウチになかったので、
冬の間に乾燥させておいた無農薬みかんの皮(陳皮:ちんぴ)を
使ってみました。

ということで、材料は
1.無塩バター
2.国産薄力粉
3.てんさい糖
4.みかんの皮
5.卵黄1個分
です。

てんさい糖は溶けやすいようにバーミックスで細かくパウダー状にしておき、
みかんの皮も、この通り↓大きめなので同じくバーミックスで1ミリくらいに
なるまで砕きました。
みかんの皮
今まで「紅茶のサブレ」を「グラニュー糖」で作ったことはあったのですが、
てんさい糖やみかんの皮を使うのは初めてだったので、
どんなモノができるのかは未知数でした。

結果としては、なかなかうまく行きました!
みかんの皮のサブレ
グラニュー糖で作ったサブレよりも、甘さがまろやかで、
みかんの香りがさっぱり爽やかで、これはクセになりそうです。 

ちなみに陳皮(乾燥させたみかんの皮)は漢方薬や七味にも使われていて、
咳止めや食欲不振に効果があるのだそうです。ということで、お菓子なのだけど、
ちょっぴり健康にも良いかも、、と自分に言い聞かせて食べられます。
| coco-agua | つくった料理 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

<< ぷりん家さんの1 Day Kitchen Studio | 塩竃神社でサクラ三昧 >>
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/04/22 8:22 PM posted by: clover
冬の間にみかんの皮を乾燥させておくなんて
coco-aguaさんはやっぱりマメですね〜。
素敵です。
陳皮って乾燥させるだけで、
簡単にできるものなのですか?
カラダに良さそうですね♪
2009/04/23 12:41 PM posted by: coco-agua
>cloverさん

マメだなんて、とんでもない〜。
でもせっかくの無農薬みかんだったので、皮を捨てるのも忍びなくて干してみました。

本物の「陳皮」は、もっと茶色っぽくなるまで干すそうなんですが、家庭でちょっと使うくらいのだったら、洗濯用ネットのようなものに入れて、数日間外に干せばできちゃいます。このやり方は、こちらへ引っ越してくる前に通っていた薬膳料理の先生に教えていただいたものなのですけれど、簡単でおすすめです。

陳皮は中華料理では炒め物とかにもよく使いますし、紅茶に入れてもすっきりしておいしいですし、なかなか使い勝手が良いですよ〜。
2009/05/12 8:40 PM posted by: える
サトー商会というお店なら、
明治発酵バター(無塩)が買えますよ。
2009/05/13 6:08 PM posted by: coco-agua
>えるさん
情報をありがとうございます。
サトー商会って、業務用スーパーですよね。私も時々行くので今度探してみます!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sendai-coco.jugem.jp/trackback/159