無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
早暁の青葉山
空気がキーンと冷えてきつく絞られるような寒さの仙台の12月に耐えきれない気分の毎日ですが、そんな自分に渇を入れるべく、クリスマスイブの昨日、青葉山に朝日を見に行きました。

12月24日は、伊達政宗公が青葉山に登って自ら縄張りを始め、地名を「仙台」と改めた「仙台開府の日」だそうです。

夜よりもむしろ深い暗さを感じる早朝の仙台市内を自転車で走り抜け、真っ暗に不気味に広がる広瀬川を横目に、仙台市博物館まで。

そこから徒歩で青葉山の見晴台まで上ります。
この辺りは市の中心部と比べると気温が低いせいか、路面が凍っており、道にたまった落ち葉もしゃりしゃりと氷結していました。更に道には勾配があるので、かなり滑ります。雪国育ちでは無いため、凍結した道を歩くすべが身についていない私にはかなりつらいです。

そして目にしたのがこの光景。
仙台城跡からの朝日

早暁の青葉山
仙台のビル群が水蒸気の中にぽっかりと浮かび、その奥には太平洋。そして北側を眺めれば山々の稜線が雲間にところどころ顔を見せ、まさに雲海の眺めでした。

朝日が昇ると同時に広瀬川の川面から一気に水蒸気が上がり、まるで雲のようにあたりに広がる様子は「早起き」しないと見られない光景でした。
仙台城趾からの早朝風景
仙台って、街の中心部からほんの少し移動するだけで景色ががらりと変わるところが面白いです。


仙台城趾の12月 早朝

日本のフィギュアスケート発祥の地、と言われる五色沼を見ました。「スケートが出来る位凍結していたのって、昔の話でしょ」と思っていたら、昨日もはほんとに凍結していました。地球温暖化と言っても、やはり仙台は寒いんだなぁ、と改めて感じます。

この朝は小鳥が湖面をちょこちょこと歩いていました。
凍結した五色沼

帰り際、日の明かりのある中で仙台市博物館から西公園通りまでの路面をよくよく見たら、かなり凍結していました。こんな道を結構なスピードで自転車走らせていた自分がちょっと恐くなりました。冬の青葉山は、滑り止め対策が必至です。

初日の出も、ここ青葉山から見たくなりました。
| coco-agua | 自然・公園 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

<< 仙台メディアテークで「大きな休息」 | 仙台のお正月風景 〜元朝参り〜 >>
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2008/12/26 11:15 AM posted by: clover
こんにちは。
今日はまた一段と寒いですねぇ。
ここ最近の寒さは、さすがにこたえます。。

それにしても、この暁色、美しいですね。
早朝じゃないと見られない色ですよね。
私も先日夕暮れ時にこの辺りに行ってきました。夕暮れ時も良いですが、朝の色は深みがありますね。
まるで絵葉書のようです。
この辺りは、とても落ち着く場所で好きなんですが、そこを自転車で早朝散策できるなんて、うらやましいです〜。
でも、自転車、くれぐれも怪我なさらないように気をつけてくださいね!
2008/12/27 8:42 AM posted by: coco-agua
昨日はほんとに寒かったですね。
雪も降ったり止んだりで、夜、道を歩いたら凍結していてまた滑りそうになりました。。
その上手袋をしていても指先がかじかんで、やはり寒さが東京・神奈川とはぜんぜん違いますね!

青葉山はちょうど東に向かって開けているので、朝日がすばらしかったです!cloverさんも、機会がありましたら是非いらしてみてください。

私もこのエリアを自転車散策するのが好きだったのですが、先日の凍結道路を見て、ちょっと恐くなりました。春まではサイクリングはお休みしようかと思います。
2008/12/29 12:14 PM posted by: 由香里
綺麗な写真だね♪
東京も、一昨日、昨日はとても寒かったけれど、今日は良く晴れて暖かいよ。

年末年始は急遽旅行にでるかもしれないんだ。
良いお年を!
2008/12/29 7:36 PM posted by: coco-agua
実物はもっと息をのむ綺麗さよ!
わたしも今、横浜の実家に帰ってきてます。
今日はほんとに暖かかったね!妹の犬と一緒に散歩したのだけど、コートが要らない位の陽気で気持ちよかったよ〜。

私は年末ぎりぎりで仙台に舞い戻ります。
旅行のお話、ぜひ聞かせてね☆

由香里さんもよいよいお年を!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sendai-coco.jugem.jp/trackback/104